Friday, January 6, 2017

Many colorful churches カラフルな教会

I walked to the center on foot. It is actually just one and a half subway station away, but Kyiv is big and the subway stations are not close to each other like in other European cities. It took more than an hour.

中心街まで歩いて行ってみる。実際には地下鉄で1駅半くらいの距離なのだが、キエフは大きな町で、地下鉄の駅も他のヨーロッパの街の地下鉄の様に小刻みにない。一時間以上かかった。




Then after that I went to the Ukrainian State museum of the Great Patriotic War and to the Motherland Monument. The statue with a sabel and a schield is about 90 meters tall and we can go up to the shield. But it was very cold that day and I gave up. It might be nice in summer.

その後、第二次大戦の戦勝記念公園へ。両手に剣と盾を掲げた像は90メートルほどあり、エレベーターで盾の上までは登れるようだが、この日あまりにも寒いので断念。夏はいいかもしれない。



Thursday, January 5, 2017

Christmas in Kyiv キエフのクリスマス

Ukrainian religion is Orthodox and they have Christmas on January 7th. In the main square of the city Christmas market is opened and there were lots of people.

ウクライナは正教の国なので、クリスマスは1月7日だ。街の中心にはクリスマス市場が並び、たくさんの人で賑わう。

 


Wednesday, January 4, 2017

Chernobyl museum チェルノブイリ博物館

It was slightly snowing outside. Chernobyl museum was not very far from the hotel, only about 10 minutes on foot. In front it is written "Chornobyl Museum". The name "Chernobyl" has been spread with Russian name, but in Ukrainian the name of the city is Chornobyl. I have never known it before.

外はちらちらと雪が降っていた。チェルノブイリ博物館はホテルからそれほど遠くない。徒歩10分弱というところ。正面には”チョルノブイリ博物館”と書いてある。”チェルノブイリ”という名前はロシア語の名前で広がったが、ウクライナではその町の名前をチョルノブイリというそうだ。知らなかった。


In the small museum, we can see newspaper articles, clothes or masks of the workers at reactors, videos. Some of video coders or terminals to search information were donated by Japanese government, for each I was able to see a small seal "JAPAN". Mr Aso's signature was also there who seemed to visit there then.

こじんまりとした博物館内には、当時の新聞記事から、作業員の服やマスク、ビデオなどたくさん展示されている。日本からも支援としてビデオコーダーや検索用の端末などが贈られており、それぞれの機器にJapanのシールが貼ってある。当時訪問されたと見られる麻生外務大臣の署名もおいてあった。

Watching in a map, Kyiv is not very far from Chernobyl. The wind brought everything toward north then. I tried to read newspaper articles of the day. There were lots of people working in Chernobyl, with the title "our reactor" it is written in very detail how and what happened at the reactors that supplied much of electricity in Ukraine.

こうして地図で見てみると、キエフはチェルノブイリとそれほど離れていない。ただ風がすべてを北に運んでいってくれたようである。当日の新聞記事も分かるところだけを拾い読みしてみる。チェルノブイリでは当時たくさんの人が仕事をしており、”われわれの原発”というタイトルで、ウクライナの電力供給の要であった発電所に起こった惨事を事細かく取り上げている。


In Japan by now, there is no facility or museum to see what happened in Fukushima in 2011. Possibly here. Downstairs there were some panels after Fukushima case.
  
今の日本に、2011年の福島で何があったのかを統合的に見る施設は未だにない。強いてあげればここなのだろう。階下には福島原発事故のパネルが展示されていた。 

This is an article from 2013 in RocketNews, there are lots of pictures and a video.

こちらは、2013年当時の記事だが、ロケットニュースにも映像つきでたくさんの写真が紹介されている。 

Tuesday, January 3, 2017

Mennya Musashi in Kyiv キエフの麺屋武蔵


The restaurant in Konstiantynivska street. There are two more in Kyiv.

コンスティアンティニフスカ通りの店舗。キエフ市内には3店舗ある模様。


Chasu is written in Russian "Chashu". English translation seems even strange.

チャーシューもロシア語で「チャーシュー」って書いてある。英語の方がなんだかよく分からん。


I was surprised to hear that a young man slurped the ramen. And there were many customers, men or women, who came here alone, ate and then went out.  Ramen ist much more popular here than in Vienna. Moreover, it costs less than five Euro.

隣でラーメンをすすって食べていた兄ちゃんがいたのにはびっくりした。1人で入ってきてラーメンを食べて出て行く男性、女性もたくさん。ウィーンよりもラーメンが定着してます。しかも5ユーロ弱です。

The next vist, I asked to serve the soup hotter, it was for me. But please work hard to improve how to cook Gyoza. Even though, it was great overall.

2回めの来店時には、熱いスープで出して欲しいと注文してみた。そう、それです。でも、餃子の焼き方はもう少し修行してくださいね。それでもとにかく素晴らしい。

Monday, January 2, 2017

Kyiv, a city near from Vienna but different キエフ、ウィーンから近くて遠い町

I was wondering where to go after New Year, I thought of practicing Russian after I spoke a little in Katowice. I need a visa to travel toRussia, where else? Ukraine!

正月明けからどこに行こうか考えていた。カトヴィツェで少しロシア語を話したが、もう少し練習したい。ロシアに行くとなるとビザが要るし、そうなるともう、ウクライナです。

In my further research where in Ukraine, I happend to find that there are ramen Musashi restaurants in Kyiv. It seemed that I was just attracted to Japanese food in Europe as I went to Katowice, but well, hotel is inexpensive and all other things are cheap. Done.

ウクライナのどこにしようかと、いろいろネットを探しているうちに、キエフに麺屋武蔵のお店があるのを発見。何だか前回のカトヴィツェみたいに、食物に惹かれているだけのような感じではあるが、ホテルも物価も安いし、決定。

It was just within two-hour flight to Kyiv from Vienna. I booked the hotel in last minutes, I got a upgraded room. The hotel was in art nouveau style and furnitures were also very chic, just two subway stations away from the very center. From the window, I saw a beautiful church on the top of a hill.

ウィーンからキエフまでは飛行機で2時間かからない。間際にホテルを予約したせいか、本来よりもいい部屋に代えてくれた。ホテルはアールヌヴォー調で、家具も落ち着いたシックな感じ。町の中心部から地下鉄で二駅の立地。ホテルの窓からは遠くの丘の上に綺麗な教会が見える。


Saturday, December 17, 2016

Silesia in Poland ポーランドのシレジア

On the last day, I had some time before departure and decided to vist museum to learn more history about this city. What they guy on the day before told me was, Katowice is in Silesia and this region has different history from the rest of Poland. The museum is just in front of the center square.

最終日、出発前に少し時間があったので、この町の歴史を学ぶために博物館に。前日ポーランド人に聞いたのは、カトヴィツェのあるシレジアという地域は、他のポーランドの町とは違う歴史があるということだった。歴史博物館は中央広場のすぐ脇に。


The Silesian Principality within the kingdom of Poland ravaged after the death of the principal by Mongolian invasion in Poland. They invited many immigrants from the neighbor Holy Roman Empire to rebuilt the Principality. Later it became a part of the kingdom of Bohemia, then went back and forth between Prussia and Habsburg. First after the World War II it finally belonged to Poland. So from the Mongolian invasion in 13th century until the end of the WWII, for about 600 years the region was not Poland. Such environment is hard to imagine from an island like Japan. I felt the city like somewhere in Germany in my first impression, but it was not necessarily wrong.

ポーランド王国の中でシレジア公国としてまとまっていたこの地方、モンゴル人が攻めてきたときに大将が戦士してしまい、廃れてしまう。それで、お隣の神聖ローマ帝国から移民を大量に受け入れた模様。その後はボヘミア王国の一部となり、あとはプロイセンとハプスブルグの間を行ったり来たり。そして第二次世界対戦後にこのシレジアはポーランド領に。13世紀のモンゴル人のポーランド侵攻から第二次世界大戦まで、600年ほどここはポーランドではなかった。こういう感覚は島国の日本ではなかなか想像がつかない。町の雰囲気がどうもドイツに似ていると思ったのはあながち間違いではなかった。

I still had some time left, I wanted to eat something. I cannot eat anything once I get in the bus to Vienna. I went to the cafe near the main square, a young Polish girl came up to take my order. I ordered today's special lunch and this beer. This beer was really great.

まだ時間があったので、 何か食べることにする。ウィーン行きのバスに乗ってしまったら8時間何も食べられない。広場の近くにあるカフェに入る。若い女の子がオーダーを採りにきたので、スペシャルランチとこのビールを注文する。このビールが本当においしかった。


In the cafe they had German newspaper. I asked her if she can speak German, and then she told me "No. My English is poor, too, I am sorry. I speak Polish, Russian and Ukrainian." She seemed to be Ukrainian. She looked a little bit nervous while speaking in English. I was surprised to meet a European to say I am sorry in such the case.

お店にはドイツ語の新聞も置いてあるので、この彼女にもドイツ語は話せるのか聞いてみたら、「話せません。英語もあまりうまく話せないし、ごめんなさい。ポーランド語、ロシア語、ウクライナ語だけです。」 どうも彼女はウクライナ人のようだ。話すときにも少しナーバスになっていた感じ。正直、こういう状況で「ごめんなさい」というヨーロッパ人に会ったことに驚いた。

Then I spoke to her in Russian, "I am sorry, too, that I am not able to speak Polish". I was glad that her face suddenly brightened.

それならと、その後はロシア語で。「ごめんなさい、僕もポーランド語が話せなくて。」
彼女の顔が突然明るくなったのが嬉しかった。

Friday, December 16, 2016

Cultural exhange with polish people2 ポーランド人と交流する2

On my third day in Katowice, I happend to find a nice craft beer bar.
There at the counter as usual, a Polish guy talked to me from my behind. Maybe he is in the middle of 30s.

 "Hey, where are you from? Why are you doing here now?"

 "I came from Vienna to say cheers with you, of course."

He works in an automotive supplier, in the same field as I do, he knew my company. We talked a lot, drank a lot together, he was somehow afraid that his wife would be angry that he would be too late. He let me talk on the phone, that he is still all right. Something clicks with him and it does not happen quite often.

カトヴィツェ3日目。たまたま良さそうな雰囲気のクラフトビールバーを見つける。いつものように一人でカウンターに座ると、背後からポー人が話しかけてきた。30半ばと言ったところか。

 「やぁ、どこから来たの?ここで何しているの?」
 「もちろん、ウィーンから君と乾杯するためさ」

彼は自動車の関連会社で働いているようで、こちらの会社のことをよく知っている様子だった。二人でたくさん話をして、たくさん飲んで、遅くなると嫁が怒るとか何とか言いながら、携帯電話口で、旦那はまだ大丈夫だと話してくれなんて言ってる。初対面の人とこんなに意気投合することは珍しい。

It seemed that even with his wife and a pretty daugther, he more wanted to drink and talk with me. Actually I do not clearly remember when I went back to my hotel, I remember one thing. He said a quite interesting thing to me:

  Here, Silesia is different from any other part of Poland.

The next day, I learned it by professor google.

どうも、嫁さんとかわいい娘と過ごすよりも、僕と飲んで話す方が気に入ったらしい。正直、いつホテルに帰ったのかよく覚えていない。でも一つはっきり覚えていることがある。彼が僕に言ったこと。

  ここシレジアはポーランドの他の場所とは違う。

翌日、そのことについて、グーグル教授に教わった。