Saturday, September 17, 2016

Vilnius marathon 1 ビリニュスマラソン 1

This year, baseball game was planned until the end of August, I booked the run which I found in September in Vilnius, Lithuania. I have never been there. My flight was via Kiev.

今年は野球の試合が8月末まで予定されていたので、9月のマラソンを探して登録した。リトアニアのビリニュス。リトアニアには行ったことがない。飛行機はキエフ経由。

I had my three-week vacation in August, I started to train for the marathon, but after four days, my ankle started to ache. This was exactly where I had problem before the baseball season started. I visited acupuncture clinic for several months. I also had pain at my lower back. After the season, it came again.

8月に3週間休暇を採って、マラソンのトレーニングを始めたが、4日したら足首に痛みを感じた。ちょうどこの野球のシーズンが始まる前に痛みを感じたところ。数ヶ月鍼灸に通った。腰にも痛みがあった。シーズンが終わってまたぶり返して来たか。

This marathon in Vilnius, we run the course twice. I was not able to train properly, but I wished that I was able to run at least one round.

ビリニュスのこのマラソンは、コースを2周するもの。まともに練習ができなかったが、最低でも1周走りきれたらと考えていた。



The weather was fine on Saturday, when I picked up my number. The start line is in front of cathedral square, Cathedral St. Stanislaus. After receiving a "marathon"-bag with quick-energy food, snack, cerial and of course the number, I visited the National museum of Lithuania behind the Cathedral to learn the history of Lithuania deeper. In advance, I read the book about the history of Baltic states in my airplane. Kindle is really practical.

ナンバーを受け取りに行った前日の土曜日は晴れ。スタートは大聖堂広場前。聖スタニスラウス大聖堂。エネルギー補給食品、スナックやシリアル、そして、もちろんナンバーも入った”マラソン”バッグを受け取ったのち、大聖堂の裏側にあるリトアニア国立博物館を見学して、リトアニアの歴史について深く学ぶことにする。飛行機の中でバルト三国の歴史についての本に目を通していた。キンドルは本当に便利だ。

In the museum, I saw lots of pots, weapons, shields, coins and also videos about minor nationalities in Lituania and its roots, traditional clothes and old houses. There was a bamboo fan presented by Japanese Tenno, a diorama of Grunwald battle field, when the alliance of the Polish kingdom and the Grand Duchy of Lithuania defeated German Teutonic Kights. They were all interesting and also very informative.

博物館ではたくさんの土器、武器や甲冑、硬貨、それからリトアニアの少数民族とそのルーツについてのビデオ、伝統衣装や昔の家の作りなどの展示などがあった。また日本の天皇から送られた竹の団扇、また、ポーランド王国とリトアニア大公国の連合軍が、ドイツ騎士団をグルンヴァルトで破った時のジオラマなどもあり、とても興味深く、また勉強になった。



I also heard that Lithuanian beer is very nice. Of course I tried some. If it once tastes wonderful, or if I can continue to drink without being bored, this may influence the evaluation, but I enjoyed the beer very much.


リトアニアはビールがおいしいとも聞いていた。もちろん試してみる。一度だけ飲んでおいしいビールか、飲んでも飽きの来ないビールか、それでずいぶん評価が分かれるだろうが、とてもおいしくいただいた。


I can never make myself understood in Lithuanian language. I can not guess what words mean with some exceptions, the language is totally different from any other language I know. But it is fun. People in the restaurant will be happy, when I order in Lithuanian, or ask them how I can say in Lithuanian. There were lots of Russian people, but I never heard them say even "thank you" in Lithanian.

リトアニア語は全く歯が立たない。いくつかの例外を除いて、それぞれの単語が何を意味しているのか全く想像がつかない。自分の知っている言語のどれとも違う。でもそれが面白い。レストランの人にリトアニア語で注文したり、何て言うのか聞くとみんな嬉しそうに教えてくれる。たくさんのロシア人が居たが、誰もリトアニア語の”ありがとう”ですら言わない。

Friday, May 27, 2016

Czech Beer Festival 2016 チェコビール祭り 2016

All my entries for Czech are things with beer till now, and then another beer thing. My third visit to Czech beer festival. This time, I brought the beer glass toy with me which a group of kind three czech guys gave me in 2008. I wanted to find somebody and then give it to them.

チェコに関するエントリーはこれまですべてビールがらみだが、また新しくビールネタをアップすることになった。3度目のチェコビールフェスト。今回は2008年に親切な3人のチェコ人青年たちからもらったビアグラスのぬいぐるみを持っていって、誰かに渡すことにした。

The last time was in 2012. I took the train to Prague then. This time I tried a buss to get there. I had a lot of hits in the Internet, I chose FlixBus. The bus will leave for Prague almost every hour and it costs only 15 Euro one way. Four-hour travel does not have any difference between the one with train. Almost the same but much cheaper.

前回の2012年はプラハに電車で行った。今回はバスにしてみる。インターネットでは色々見つかったが、FlixBusをチョイス。 ほぼ毎時間プラハ向けにバスが出ていて、しかも片道15ユーロ。4時間のバス旅は電車で行くのとほとんど変わらないが、格段に安い。


What surprized me a lot this time was this. If you compare this with the last time, I had to wonder if they had a financial problem or something.

今回一番驚いたのはこれ。前回と比べれば一目瞭然。スポンサーと揉めたりしてお金がないのかとも考えてしまう。

There were several changes since last time; Tolar, original coin which was used only in the festival disappeared. Insted a plastic card was introduced. And maybe because of that? Ordering at table was not possible any more. It means, young ladies in costumes will not walk around tables any more. We have to go where dishes or beer will be served and pay at casher. This system is not especially nice for lone traveller.

前回とは変わった点がある。会場内で使えるトラーというコインがなくなり、その代わりにプラスチックのカードが導入されていた。そのためなのか、テーブルでオーダーするシステムではなくなった。以前のように衣装を着た若いおねいさん達がテーブルを周回することがなくなったので、料理やビールを取りに行って、カードで支払うようになった。一人で旅行している者にはこのシステムはあまりよろしくない。


The second change, the number of beers. We can select from more than 50 beside two festival beer. Festival beer is from Kruŝovice and in two different types; 10% and 12%. It looks like they had a success with this last time. Due to the current beer trend, there were also some pale ales. This is much more than just enjoying beers.

2つ目の違いはビールの数。フェスティバル専用ビールを含めた50種類以上のビールが飲める。専用ビールはKruŝovice(クルショヴィツェ)の10%と12%の2種類。どうも昨年これで大盛況だったらしい。最近のトレンドもあり、ペールエールもいくつか。さすがにこれだけあると飲みごたえがある以上のものがある。



Drinking 12% festival beer (I personally prefered the 10% version I drunk later to the 12% one) alone at the table in front of stage, a couple talked to me, saying they are from Norway. They are also repeater of this great event.

12%のフェスティバルビール(個人的にはこの後飲んだ10%の方が気に入ったが)をステージ前のテーブルで一人で飲んでいると、カップルが話しかけてきた。ノルウェーから来たといっていた。彼らもこの素晴らしいイベントのリピーターらしい。




The man told me that he brews beer at home in Oslo. We soon knew that we all like beer. From me definately the big beer glass toy for sure and the T-shirt from 2008. When I entered the tent, I was asked by the men standing there and explained that I am the third-time repeater since 2008.

その男性はオスロの実家で自分でビールを作っているらしい。すぐにお互いビール好きだと理解。こちらはと言えば、大きなビアグラスのぬいぐるみに、2008年のお土産Tシャツを着ているから、誰でも分かる。テントに入る時にも、係のおじさんに話しかけられ、2008年からのリピーターだと説明をした。
Souvenir from 2016(left) and 2008(right) お土産Tシャツ2016年(左)、2008年(右)
Enjoying talking, beer will disappear very quickly. Which kind of beer he brews, what happens in Norway now and so on. I knew that Norway produces oil and therefore the country is rich. But the low price impact was much more than I have expected.


話が弾むと、ビールがすぐに空になる。どんなビールを作っているのか、プラハのどのバーがお気に入りか、そしていまノルウェーで何が起こっているかなど。ノルウェーが産油国なのは知っていたが、でも原油価格が落ち込んでいることがノルウェーの経済にかなりの影響があることは予想していた以上だった。

The wife of the man is as same old as I am, he said that she more likes to drink than he does. I had no idea about Norwegian language, they told me that they would be able to understand the meaning of German without learning. I asked them to repeat "thank you" and "cheers" in Norwegian. It seems that it is quite odd for them that Japanese can communicate with Chinese only by letters.


奥さんが僕と同じ年で、奥さんの方が旦那より飲むのが好きのようだ。ノルウェー語については何の知識もなかったが、何も勉強しなくてもドイツ語で話しかけられたら理解できるらしい。”ありがとう”と”乾杯”をノルウェー語で何度か繰り替えしてもらう。日本人が中国人と文字だけでコミュニケーションがとれるのは面白いらしい。

He got drunk. Yes, there were no beer under 10% at the festival hall. They told me that I should visit them to enjoy his beer in Oslo, and I really want to visit them. The beer glass toy found a new owner.

彼がかなり酔っ払ってしまった。 無理もない。10%以下のビールはないのだから。ご夫婦はオスロにビールを飲みにおいでと言ってくれた。もちろん行こうと思っている。ビアグラスのぬいぐるみは新しいオーナーのところに行くことになった。

Sunday, March 6, 2016

Pray in Palau (Peleliu 3) パラオで祈る (ペリリュー島3)

We then went to the Peace Memorial Park. This memorial was constructed by Japanese Health and Welfare Ministory. It faces toward Japan. So that soldiers in the heaven who suffered from lack of drinking water during the War, on both sides of the monument there are rain water saver.

その後、平和記念公園へ。この碑は日本の厚生省が建てたもので、碑はまっすぐ日本の方角を向いている。戦時中、飲み水に困った兵士があの世で水に困ることがないよう、碑の両側には雨水受けがついており、水が流れるようになっている。

 


The way to the Park, which was completed damaged by the typhoon in 2013 was repaired for the visit of Japanese Tennou. On the runway, a landing place for helicopter was made. Among the jungle, Zero fighter still remains by now.

平和記念公園に至るまでの道は、2013年の台風の被害で大幅に壊れ、通れなくなっていたものを天皇皇后両陛下の訪問に合わせて復旧され、滑走路にはヘリ発着用のアスファルトが敷かれたそうである。ジャングルの中にはこうして日本軍の零戦もそのまま残っている。


We finally headed for Nakayama, Ooyama where the Japanese solgiers kept contronting and fighting. There is 200mm cannon settled but unused.

最後に向かったのは日本軍が最後まで抵抗し、戦いつづけた、中山、大山。使われることのなかった200ミリの大砲も設置されている。


Japanese troop utilized the narrow valley geography, dug caves and hid themselves during the day, and came out at night and fought against American soldiers. A memorial monument stands where they say Japanese Colonel Kunio Nakagawa killed himself in the end. All of us raised the incense, kneed down and met palms together in turn.
 
ここでも日本軍は地形を利用し、洞穴を掘って日中は隠れ、夜襲をしながらアメリカ軍と戦った。その兵を率いた中川大佐が自決をしたと言われているところに鎮魂碑が作られている。ここでもわれわれ全員がお線香を上げ、手を合わせた。

 

In front of Ooyama Peleliu shrine was built by Japanese volunteers. 45,000 American soldiers and 10,000 Japanese. Only 34 Japanese soldiers came home finally.

この大山の正面に、日本人有志による出資で建てられたのがペリリュー神社。アメリカ軍4万5千の兵に対し、日本軍1万。この戦いで最終的には投降して日本に帰国したのが34名。

In Japan, they only way that the War is bad. But they do not teach in school why and how it started. They do not teach neither, there were many Japanese soldiers who fought to delay American attack on Japanese main island as much as possible in desperate situation. Even many people really believe that Peace Constitution will keep Japan safe and should not change it, and just saying loud "Peace". In this way, we cannot even avoid possible war in the future without deep consideration by only Japanese, not by United Nations, why the last War happened, and why we had to fight.

日本では戦争はダメだという話ばかりが先になる。でも、どうして戦争になったのか、そういうことを教えない。ペリリュー島を含む南の島々で、アメリカの日本本土への上陸を一日でも遅らせようと、絶望的な戦況の中で戦った兵隊のことも教えない。 多くの日本人は平和憲法を守りさえすれば日本は平和でいられると本当に信じていて、憲法を時代に合わせて修正していくことに反対している。どうして起きたのか、どうして戦わなくてはいけなかったかを、日本人だけで考えられるようにならなくては、もしも将来戦争になりそうになったときに防ぐことができない。

After 70 years reports from American side is now opened, in Japan research of books which were prohibited publishing under GHQ time. I really like many Japanese visit Palau. As our tour guide told us that he does work for that.

戦後70年経って、アメリカで当時の記録が公開され、日本でもGHQ時代に発禁扱いになった書物の研究も進んでいる。ネットで情報を取ることもできるが、日本人には是非ペリリュー島に実際に行ってもらいたい。ツアーガイドの方もそう言っていた。一人でもたくさんの日本人に伝えたい。そのために仕事をしていると。


Pray in Palau (Peleliu 2) パラオで祈る (ペリリュー島2)

We then visited Peleliu World War II Memorial Museum. The building was used by Japanese military as weapon lager. In side the small building, there were panels written in both English and Japanese about the proceeding of the war, news paper articles then, or what soldiers took back with them from both sides. They were very impressive. We were given 20 minutes there, but actually I wanted a bit more time for the museum. There were lots to read in American articles.

その後、ペリリュー大戦博物館へ。以前は日本軍の武器弾薬庫として使われていたそうである。中には大戦の流れを英語で日本語の両言語で説明したパネルに、当時の新聞記事、兵士の持ち帰ったものなど、大変興味深いものが展示されていた。ツアーガイドからは20分の自由時間ということだったが、正直もう少し記事を読む時間が欲しかった。アメリカ側からの資料にはたくさん読みたい内容があった。


Next, Japanese command center. It was bombed and had a huge hole on the ceilling. The building was robust and pilars do not have any damages.

次に日本軍の情報本部跡、アメリカ軍上陸そうそうに爆撃を受け、天井に大きな穴が開いているが、建物自体はとても丈夫に作られており、柱自体はなんともない。


 
 

We also saw a Japanese tank which was bombed. Then we went to runway, which was the main reason of American military to seize control of Peleliu before they went further to the Philippines. The runway used to have two runways, north-south and west-east and each crossed each other in the middle. Now only noth-south runway can be seen. Around the runway is just jungle. 

爆撃を受けて乗り捨てられた日本軍の戦車などを見て、アメリカ軍が作戦としてフィリピン上陸前にパラオを制圧しようとした理由の一つだった、旧滑走路へ。以前は東西方向と南北方向の滑走路が真ん中で交差していたそうだが、今は南北の走路しか残っていない。周囲はジャングルで木が生い茂っている。

 

Then we went to Orange Beach where American landed. Just by the beach there is the 81th Infantry Division Memorial of US military, the bus did not stopped and went through. From the bus stopped near the beach, I walked back and met pals in front of the memorial. Orange beach is a rough shoaling beach. There is nothing left that there was a firece fight then.

その後、アメリカ軍が上陸してきたオレンジビーチ、そのすぐ脇にはアメリカ軍の代81歩兵慰霊碑があるが、ガイドからは説明だけでバスは止まらない。オレンジビーチ付近に止まったバスから、一人少し戻ってアメリカ軍の慰霊碑でも手を合わせる。オレンジビーチは遠浅のゴツゴツした海岸だが、当時そんなことがあったことなど感じさせるものは何も残っていない。
 

Our bus traveled  quickly through the island in the morning, now we had a lunch break. We went to the South Dock and had lunch box from our tour guide. These were brought from Koror island, there is no shop in Peleliu island.

午前中早足で観光をしてきたが、ここでお昼休憩。南波止場にて配られたお弁当を頂く。 弁当はもちろんコロール島から運んで来たもの。ペリリュー島にはそういうお店がない。

Sunday, February 28, 2016

Pray in Palau (Peleliu 1) パラオで祈る (ベリリュー島 1)

Main purpose of visit Palau was to go to Peleliu island and thank soldiers who fought for Japan. I attended the tour to see many sites in Peleliu island following day.

パラオ旅行の主たる目的は、ペリリュー島に行って、日本のために戦った兵隊さんたちに感謝をし、手を合わせることだった。翌日ペリリュー島を巡るツアーに参加する。


From the Koror island where my hotel stands, it took for about an hour by boat to get to Peleliu island toward south. On the way we traveled through Rock Islands which consists of lots of small islands and is the World Heritage. As the boat traveled, the color of the ocean changed frequently. It was the color like jewelry. I felt that I was totally cleaned up from inside.

ホテルのあるコロール島からボートで一時間、ペリリュー島に向かって南に進む。一帯は世界遺産にも登録されている、ロックアイランドというたくさんの島々。ボートが沖に進むにしたがって、海の色が刻一刻と変化していく。宝石のような色だ。心の洗濯とはまさにこのこと。

 
 
 

Landing on the North Dock, we first went to 1000 Man/Hospital Cave, which Japanese soldiers dug to hide themselves from American bombing or firethrower attack. Inside is like a huge maze. Just next to the cave there is Pillbox to snipe American soldiers who tried to land from the shore.

ペリリュー島の北波止場に上陸して最初に向かったのは、アメリカ軍の爆撃、火炎放射器などによる攻撃を防ぐために掘られた、千人洞窟と呼ばれる中がとても広い洞窟。中はまるで迷路のようだ。
すぐ隣には上陸するアメリカ兵を狙撃するためのトーチカが並んでいる。

Our tour guide handed each of us maglite, and guided through the cave with explanation. Japanese soldiers dug the cave without proper tools by hands. Inside the cave is kept as it used to be, glass bottles or rice canteens were lying there. There was a room to nurse injured soldiers.

ツアーガイドがみんなに懐中電灯を配り、説明をしながら洞窟の中を案内してくれた。ろくな道具もない中、手で掘り進めたそうである。洞窟の中は当時そのままの状態で、瓶や飯ごうなどが転がっている。負傷した兵士を看護するための部屋もあった、


After the cave, we went to Mitana, war memorial. Next to the block of American soldiers' tombstones, there is memorial of Japanese soldiers. All of us offered incense sticks and faced palms in fromt of meorials in turn.

洞窟を後にして向かったのが、戦没者慰霊碑のみたま。アメリカ兵の墓の隣の一角に日本兵を慰霊する碑が並んでいる。ここで見学者全員が順に線香に火をつけて慰霊碑に手を合わせる。

 

Eat in Palau パラオを食べる

In Palau, mangrove crab is the local special food. It is not very cheap, is in market about 25 dollars for 500g. I tried Parauan beer, steamed mangrove crab and water spinach at a Chinese restaurant in the center of Koror. I was asked to choose one of crabs in the pool. It weighed almost 1kg.

パラオに行ったら、マングローブ蟹はなんとしても食べたい。決して安くはない。時価もので500gで25ドルほど。コロールの中心にある中華レストランで、パラオ産のビール、蒸しマングローブ蟹と空心菜を注文する。店の人に、水槽にいる蟹から好きなのを選ぶように言われる。1kgくらいあった。



The shell of the crab is very hard and thick,  hardly breakable by teeth. I got a tool like a gripper to break shells. The meat was really firm and tasty.

蟹の殻はとても硬くて厚く、歯で割ろうとしても割れるものではない。殻を割るためのハンドグリッパーのようなものが付いてくる。身はプリプリしていておいしい。


The next day, I attended a tour to visit Ngardmau water fall among jungle in Babeldaob island. The way to the waterfall, it had a quilte different scenery from Koror. Everlasting Jungle is on about 200m altitude. Along the road panels with national flags of foreign countries can be seen which tells the road was built by the help of the countries.

翌日、空港のあるバベルダオブ島のジャングルにあるガラツマオ滝を見に行く。コロールとは違い、海抜200mくらいの高地に熱帯雨林のジャングルがひたすら続く。道路脇には、アメリカや台湾の国旗がかかれたパネルが建てられている。この道路区間は海外からの援助にて整備されていることを示すパネルだ。


We went down to the waterfall along the minecart rails which were used to collect and transfer bauxite during Japanese time. Even at noon, it is slightly dark among lots of trees. Looking up, I found lots of nepenthes rafflesiand drooping from above.

滝まで、当時日本がボーキサイトの採掘、運搬に使っていたトロッコのレールに沿って降りていく。まわりは木々がうっそうと茂っている。ふと見上げるとウツボカズラが上から下がっている。


We arrived at river bank. Later on we went down long the river.

川が見えてきた。 その後、川の岩肌伝いにさらに降っていく。


 


We had lunch which our young tour guide carried down on his back. Sandwitches and fruits. The waterfall was about 30m high, the water was warmer than I imagined. I found many small tadpoles and fish with big eyes which I have never seen before.

ガイドのお兄さんが背負ってきたお昼のサンドイッチと果物を食べて、滝に。思ったより水が温かい。オタマジャクシに、見たことがないような大きな目をした魚が泳いでいる。

 

The tour guide who accompanied us just graduated from a university and used to play baseball. He continues to play baseball there in Palau. We started to talk about baseball. There are not so many Japanese living away from Japan and play baseball. I presented my team's T-shirt to him via an another tour guide next day. I heard that he was very happy with it.

ガイドのお兄さんは大学を出たばかりくらいの元球児。パラオでもチームに入って野球をしているらしい。ひょんなことから話が野球の話になる。海外で野球をしている日本人はそういるものじゃない。彼にはあくる日に参加したツアーのガイドを通じて、チームジャパンのTシャツをプレゼントした。とても喜んでもらえたらしい。

Back again thourgh the way we took, we had fresh coconut juice and then our tour guide cut the meat and served us with soy sauce and wasabi. It tasted like squid with Japanese yam texture. This can be a great match with sake.

同じ道を登って戻り、ヤシの実のジュースを頂く。ヤシの果汁を楽しんだ後、ガイドのお兄さんがヤシの実を割り、果肉を刻み、醤油とわさびでどうぞと差し出した。ほんのりイカのような甘味のある、自然薯のような食感。いいお酒のつまみになりそう。